ルボックスを犬や猫に飲ませることはある?

ルボックスは犬に処方される?

ルボックスは人間用うつ病治療薬です。しかし、昨今は犬でもうつ病治療の為に抗うつ剤を処方されることがあります。しかしそれはめったにないことですから、犬や猫などのペットの体に負担のかかる薬であることは間違いないです。犬や猫などがルボックスを飲むときは誤飲がほとんどだと思います。というわけで、ペットが誤飲した際の対処法についても解説します。

 

ルボックスは何故、うつに効果がある?

ルボックスはどんな仕組みで抗うつ効果があるのでしょうか?その仕組みについて解説していきます。まず脳内では神経伝達物質が分泌されており、これを使うことで情報は伝達されていきます。

 

そして、うつ病とはこの神経伝達物質の量が減ることで、情報伝達が滞っている状態なのです。これにより、何かをしようという意欲が減ってしまったり、気分がいまいちのらないといった症状が出てしまいます。

 

神経伝達物質の量を増やせばこのような症状の改善につながります。ルボックスはSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)に分類される抗うつ剤です。

 

どんな薬かを大雑把に説明すると、脳内のセロトニンの量を増やす薬になります。セロトニンは神経伝達物質ですので、これが増えればうつ病の症状が改善することになります。

 

脳内に存在する神経伝達物質は一定時間で細胞内に取り込まれ、その後また再び放出します。ここでの取り込みを邪魔することで、結果的に脳内の神経伝達物質の量を増やすのが、ルボックスなどのSSRIの効果です。

 

ルボックスが犬にも処方されることはある?

昔は犬も家の外で飼うことが多かったのですが、最近では室内で買うことも多くなっています。誰か人がいればいいのですが、家の中でひとりぼっちで留守番していればストレスもたまることは多くなります。そんな状態ですから、抗うつ薬を飲むことになるペットの数も増えています。

 

飼い主との距離も離されて、狭い家で何時間もいれば、活動過多、脅迫性行動、不安神経症などの心の病にかかってしまうこともあります。

 

こういった犬に向けて抗うつ剤が処方されます。とはいえ、その薬は犬用のものですから、人間用の薬であるルボックスは処方されません。

 

ルボックスをペットが誤飲した時の対策法

これまでの説明で、ルボックスをペットが飲むと体に害がある可能性があるので服用させない方がいいことは分かったと思います。なので、ペットに服用させるというケースよりも、人間用のルボックスをペットが誤飲したというケースの方がはるかに多いでしょう。

 

誤飲してしまったら、何はなくとも動物病院に連絡して連れて行くのが最優先です。それと並行して応急処置もできればしておきたいところです。ペットがルボックスを誤飲した時の対処法を説明します。

 

犬がルボックスを誤飲するとどんな症状が?

 

もしも、犬がルボックスを誤飲した瞬間を目撃したのであればすぐにでも適切な行動ができるでしょう。しかし、留守にしている間や、飼い主が見ていないタイミングで誤飲してしまうことも多いはずです。犬の体調が悪いことから即座に誤飲に結び付けることもなかなかできないでしょう。

 

前もって誤飲したら犬の様子がどう変化するのかを学んでおけば、ルボックスの数を確認して即座に誤飲かどうかをチェックできます。動物病院への通報も「ルボックスを誤飲しました」と適切な内容を伝えることができます。こうすればピンポイントな応急処置の方法を教えてもらえるでしょうし、病院側の受け入れ態勢も万全となるでしょう。どんな症状になるかを覚えておきましょう。

 

犬が抗うつ薬を誤飲した際の症状

無気力
高熱が出る
血圧と心拍の増加
鳴く
震え

 

犬は人間と比べて、肝臓で薬を分解する能力が低く、自力で薬を無害化するのに時間がかかります。誤飲したのであれば、すぐにでも動物病院から指示を受けて搬送しなければなりません。

 

犬がルボックスを誤飲した際の適切な応急処置

 

もしも、犬がルボックスを誤飲した際に、一刻も早く動物病院に搬送したいところです。しかし、すぐには車が出せなかったり、病院につくまで時間がかかるようであれば少しでも状態がよくなるように応急処置はしておきましょう。

 

家庭でできる応急処理は、飲み込んでしまった薬が溶けてしまう前に吐かせることです。少しでも体に吸収する前に吐き出させてあげましょう。その方法は2種類あります。

 

濃い塩水を与える

 

塩でしたら、身近なところにあるでしょうし、なかったとしても入手しやすいはずです。溶かせるだけ溶かした飽和食塩水を作成します。

 

犬に飲ませる量の目安は、

 

小型犬(体重5キロ)なら10cc
大型犬(体重30キロ)なら60cc

 

位です。

 

オキシドールを与える

 

もしも消毒用にオキシドールを持っていれば、そちらを使ってもいいです。

 

小型犬(体重5キロ)なら1cc
大型犬(体重30キロ)なら6cc

 

ぐらいを目安に与えましょう。

 

準備は特にいりませんし、犬に飲ませる量も少ないので迅速に処置ができるでしょう。

 

 

 

いずれかの方法で犬に薬を吐かせて「もう安心だ」と病院に行かずに済ませないようにしましょう。薬を吐かせるのはあくまで応急処置です。既にいくらか薬は体に吸収されており。吸収される量を減らしたにすぎません。病院で必ず治療を受けて下さい。

 

常日頃からルボックスの管理には注意して、誤飲かどうかをすぐに判断できるようにして下さい。そもそも誤飲が起こらないように保管に気を遣ったり、ペットが近くにいないのを確認してから服用などで、誤飲が発生する確率を下げられるでしょう。

 

ルボックスはこんな薬

ルボックスの概要として、ルボックスは抗うつ剤であり、うつ病の薬物治療で使用される医薬品です。発売が開始されたのは1999年であり、世界初のSSRIとして評判を呼びました。
SSRIとは選択的セロトニン再取込阻害薬であり、セロトニンの量を増やして、うつの症状を緩和します。従来の抗うつ剤と比べると効果が高く、副作用も少ないため、発売された当初は高い人気を誇っていましたが、続々と新薬が開発されたため、最近は病院で処方されるケースは少なくなっています。

 

ルボックスを服用すると得られる効果は抗うつ効果であり、うつ状態が改善されて気持ちが安らかになります。強迫性障害や社会不安障害などの治療効果もありますが、自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者には慎重な投与が要求されます。

 

ルボックスの副作用は、めまいやふらつき、立ちくらみなどの精神神経系の症状が出る場合があります。吐き気や悪心などの消化器系の副作用が出るケースもあり、これらの副作用が出た時には医師との相談が必要です。しかし、ルボックスは他の抗うつ剤と比べると副作用が少ないのが特徴ですので、副作用の心配はあまりありません。

 
http://www.onlinehairremoval.com/ http://www.howfatloss.com/ http://promoterschampionship.com/ http://ipsos-or.com/